ワクチン温度管理用データロガー

ワクチン用温度データロガーです。

アメリカ疾病予防センター(CDC)のワクチン管理に関する指示書に準拠しています。確実な温度管理のためダミーのグリセリンボトル内の温度を測定し記録します。無線式もあります。

使用例:ワクチンの保管温度管理。

製品一覧

VFC2000

ワクチン温度対応
センサー各熱電対(Kタイプシース熱電対)
温度範囲:-100~+80℃
ワクチン超低温保管対応温度データロガー

VFC2000は、ワクチン温度監視用の低価格な温度データロガーです。CDCおよびVFCの要件を満たすように設計されています。-100°Cという低い温度を正確に連続して温度を監視します。

“VFC2000” の続きを読む

VTMS

ワクチン温度対応・センサー 各種熱電対(Kタイプシース熱電対)・無線・クラウド対応
測定範囲:-20~+80℃

ワクチン保管温度管理用ワイヤレス温度ロガーです。

“VTMS” の続きを読む

Lyo Temp

超低温凍結乾燥用
測定範囲:-60~+75℃
ワクチン輸送に最適

LyoTempはプラズマや赤血球等の血液製剤の冷凍庫保管温度管理やドライアイス積荷温度管理など生物学的医薬の分野への用途にも理想的な温度データロガーです。凍結乾燥中の超低温温度をモニタリングするために設計され-60℃~+75℃までの温度を完全密封されたサーミスター温度検知素子で検知します。

“Lyo Temp” の続きを読む

Cryo-Temp

超低温用
測定範囲:-86~+35℃
ワクチン輸送に最適

超低温用温度ロガー CRYO-TEMP は、赤血球、血漿、ワクチンや医薬品等の冷凍保管やドライアイス詰めでの輸送温度管理のために開発された-86℃の超低温下で連続使用ができる温度データロガーです。

“Cryo-Temp” の続きを読む