TOP

Slider image
Slider image
Slider image
Slider image
Slider image

日本ゲスコ取り扱いブランド

Weller®
高性能ハンダ機器

Erem®
精密加工用手工具

Peters
基板関連ケミカル材料

データロガー/測定器

自動ハンダステーション


新製品情報

Weller

RT Picoシリーズ
極細密 WXPP MSハンダゴテ
+RT Pico コテ先

極小コンポーネント/微細ハンダ付け用最小のハンダ付けアプリケーション。
温度立上がり:常温から350℃ 約3秒
マイクロエレクトロニクスに必要なアイテムです。

RT Ultraシリーズ
極小/超強力 WXUP MSハンダゴテ
+RT Ultra コテ先

熱負荷のかかる車載基板等の作業で威力を発揮、小型で超強力が特徴です。
温度立上がり:常温から350℃ 約7秒
熱引きの大きなワークに最適です。

Erem

準備中

Peters

準備中

データロガー

乾燥炉、硬化炉、オーブンや塗装工程等の高温下で連続して温度をモニタリングすることができる4チャンネルの熱電対式温度ロガーシステムです。Max350℃/25分
従来のQTV-4の後継機になります。

乾燥炉、硬化炉、オーブンや塗装工程等の高温下で連続して温度をモニタリングすることができる8チャンネルの熱電対式温度ロガーシステムです。Max350℃/25分
従来のOTV-4の後継機になります。

継続的なワクチン貯蔵温度モニタリングのためVFC2000は視覚性の優れたLCD画面を装備したVFC2000は、24時間温度監視を行うことが可能です。温度が範囲外に変動する場合 警報とLEDの点滅で知らせます。温度データは本体に記録されUSBインターフェースによりPCデータとして記録することが出来ます。16128メモリーで1秒から24時間の間隔で監視することが出来ます。

リアルタイム監視が必要なアプリケーションでは、VTMSは無線ワクチン温度モニタリングシステムとなります。手動での温度監視無くしました。アラームはユーザープログラム可能で、VTMSはしきい値に違反したときに電子メールまたはテキストを介してユーザーに警告または通知し、ユーザーは直ちに行動を起こすことができます。MadgeTech社のクラウドシステムを使うと遠隔で温度の監視が可能となり又アラームも遠隔地にいながら受け取ることが可能です。

Super Mini

準備中

>> もっとみる

ニュース・トピックス

COVID-19(コロナ)ワクチン温度監視ソリューションを提供 [2021.1]

アメリカの小型測定器専門メーカーMadgeTech社はCOVID-19(コロナ)ワクチンを取り巻く厳格な貯蔵要件を満たす特別に設計された2つのワクチン温度監視システムの発売をおこなっております。

-100℃の低い温度までを測定し記録することができるMadgeTech VFC2000(-100~+80℃)および無線式の VTMS(-100~+80℃)データロガーは、ワクチンの貯蔵を保障するために必要な要件をそろえてお届けいたします。さらに輸送等のコンテナ内に投入できる超低温対応小型データロガー Cryo-Temp(-86~+35℃)と Loyo-Temp(-60~+75℃)もございます。

簡単なレポートと記録のために、VTMSとVFC2000の両方が無償でMadgeTech 4ソフトウェアと標準装備されています。21 CFR Part 11 要件の遵守を支援するためには、ユーザーは追加コストでMadgeTech 4 セキュア ソフトウェアにアップグレードするオプションもあります。

MadgeTech4ソフト(無料)です。21CFR Part11の要件を満たすためには追加で有料のMadgeTech4セキュアソフトにアップグレードすることが必要です。COVID-19ワクチン温度監視ソリューションの資料や実演のご要望は弊社にご連絡ください


Wellerアクティブチップシリーズに新製品2種が登場 [2021.1]

Wellerアクティブチップシリーズに極細密作業用のWX Pico MSと小型軽量の大熱量をうたったWX Ultra MSが新登場しました。

車載エレクトロニクス、医療技術、宇宙産業ではコンポーネントが小さくなり、より複雑な回路設計となります。細密な作業が多くなるのに多層化や大電流基板等で熱引きの大きな作業が多くなりハンダ付け作業はより難易度を増していきます。これら増大する難しい製造の課題を満たすためにWellerはRTアクティブチップの充実を図っています。

>> もっとみる