無線式温度データロガー

データロガーで測定した温度データを無線でパソコンに飛ばしモニターし記録します。

MadgeTech社の無線式データロガーはクラウドサービスも行っておりパソコンがなくてもLAN環境さえあれば、いつでもどこでもスマートフォン等でモニタリングし、警告管理も行えます。

使用例:各室内環境、各農業ハウス環境、倉庫内の温度分布、冷蔵室/保管庫の集中管理、ライン環境の一括管理など。

各種の無線式データロガーはこちら

製品一覧

RFTemp2000A

無線・クラウド対応
測定:-20℃~+60℃

32,767メモリーを有する無線式温度データロガーです。RFTemp2000Aは1秒~24時間の間で指定した間隔で測定中の温度データをパソコンにリアルタイムで転送し、同時に本体内部メモリーにデータを測定日時とともに保存します。これにより、無線通信が途切れた場合でも、本体からデータを読み出すことが可能です。

“RFTemp2000A” の続きを読む

RFTCTemp2000A

熱電対・無線・クラウド対応
外部温度用に熱電対センサーを使用する16,128メモリー/チャンネルを有する無線式温度データロガーです。1秒~24時間の間で指定した測定間隔で測定中の温度データをパソコンにリアルタイムで転送し、同時に本体内部メモリーに温度データを測定日時とともに保存します。これにより、無線通信が途切れた場合でも、測定データを読み出すことが可能です。

“RFTCTemp2000A” の続きを読む

RFRTDTemp2000A

高精度・無線・クラウド対応
測定:-200~+600℃(Pt100タイプによる)

21,504メモリーを有する高精度な温度データロガーです。1秒~24時間の間で指定した測定間隔で測定中の温度データをパソコンにリアルタイムで転送し,測定温度と時間から滅菌F0 値をグラフと数値表で表示することができます。測定中の温度データは、同時に本体内部メモリーにも測定日時とともに保存しますので、無線通信が途切れた場合でも、測定データを読み出すことが可能です。

“RFRTDTemp2000A” の続きを読む

無線式温度データロガー RFOT

温度(~100℃)・無線・クラウド対応
無線式温度データロガーの中で唯一高温域(~100℃)でデータのロギング可能です。食肉加工産業で過酷な温度域でのデータロギングに最適です。突き刺し型のプローブを装備し、例えば、ハムやソーセージの中心温度をリアルタイムでパソコンに転送します。高い加熱加工温度から冷凍温度まで幅広い温度範囲をカバーすることができ、また、用途に合わせてプローブの太さと長さの違いにより4種類のタイプを用意しております。本体は防水構造IP67のため、洗浄工程の温度管理にも対応可能です。
(注意)プローブの測定範囲は-50℃~200℃ですが、使用環境範囲は-20℃~100℃です。

“無線式温度データロガー RFOT” の続きを読む